FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体は食べたもので出来ている。

体は食べたものでできています。

当たり前のことですが、気にかけていますか?

体は複雑な化学工場のようなもの。

原材料はいいものを使いたいですね。

今無農薬や減農薬、有機栽培などの果物を食べるのが楽しみです。
スポンサーサイト

神経再生

うつ病から回復してくる中で、感じていることを引き続き書いていきます。

うつ病というか、抗うつ薬を飲んでいた時、、そして断薬した後、脳が痺れていたんだと思います。

(当然、当時はそんなこと思っていませんが)

断薬して(サプリメントでの栄養補給もしています)2年半ほど経ったころ、脳の痺れが取れました。

その時感じたのは、起床時に体全身のむず痒いような痛み。

それがだんだん取れてきていて、腸の周辺の痺れと手首の痺れだけになってきています。

脳はものすごくクリアになっています。

サプリメントによる完璧な栄養補給は既に5年ほど続けていますので、普通組織の再生は

十分行われている感じがしますが、神経細胞の再生は普通組織よりもゆっくりなんでしょうかね。

まだまだ良くなりそうな感じがしています。

体にとって必要なものをちゃんと摂り、不必要なものをなるべく摂らない。

そうすることで、体は正常な状態に近づいていきます。

今までに感じられなかった調子の良さを感じることがアンチエイジングだと思います。

体が軽い!

うつ病を考える

久しぶりの更新になってしまいました。

うつ病(という診断)から回復してきている現在、思うことがあります。

うつ病という病気が存在するわけでなく、気分の落ち込み(うつ状態)が

続いているだけなんじゃないかと思うのです。

気分の落ち込みは、いろいろなストレス(多くは仕事(家事や育児も含む)上の

ことだと思いますが)によって引き起こされています。

体の反応に注目すれば、ストレスに対抗しようとして、ビタミンなど抗酸化物質を消費してしまう。

(もともとビタミンなどは摂取量が下がってきているのに……)

そうするとビタミンを原料とするホルモンや神経伝達物質が作れなくなってしまい、

睡眠障害や食欲不振が起こってくる。

今はこの時点で病院に行って抗うつ薬を処方されることになることが多いですが、

私の経験からすると抗うつ薬を飲む前にやることがあります。

それは、食生活を見直すことと栄養補給です。

栄養補給をしても翌日には良くなりません。

しかしながら長い目で見れば、体は回復に向かっていきます。

(8年薬を飲み続けて治らなかったけれども、栄養補給を5年続けてかなり回復しています。

まだ途上かな、という感じですけれども、アンチエイジングの世界に踏み込んでいる感じが

しています。)

栄養補給をした上で、回復しないようであれば様々な治療法を試すべきだと思います。

みなさんも身体の声を聴いてみてくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。