FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病を考える

久しぶりの更新になってしまいました。

うつ病(という診断)から回復してきている現在、思うことがあります。

うつ病という病気が存在するわけでなく、気分の落ち込み(うつ状態)が

続いているだけなんじゃないかと思うのです。

気分の落ち込みは、いろいろなストレス(多くは仕事(家事や育児も含む)上の

ことだと思いますが)によって引き起こされています。

体の反応に注目すれば、ストレスに対抗しようとして、ビタミンなど抗酸化物質を消費してしまう。

(もともとビタミンなどは摂取量が下がってきているのに……)

そうするとビタミンを原料とするホルモンや神経伝達物質が作れなくなってしまい、

睡眠障害や食欲不振が起こってくる。

今はこの時点で病院に行って抗うつ薬を処方されることになることが多いですが、

私の経験からすると抗うつ薬を飲む前にやることがあります。

それは、食生活を見直すことと栄養補給です。

栄養補給をしても翌日には良くなりません。

しかしながら長い目で見れば、体は回復に向かっていきます。

(8年薬を飲み続けて治らなかったけれども、栄養補給を5年続けてかなり回復しています。

まだ途上かな、という感じですけれども、アンチエイジングの世界に踏み込んでいる感じが

しています。)

栄養補給をした上で、回復しないようであれば様々な治療法を試すべきだと思います。

みなさんも身体の声を聴いてみてくださいね。
スポンサーサイト

運動

適度な運動も、健康のためには必要です。
なかなか続けるのが難しいですけどね。

私が薬を飲んでいた頃、ほとんど運動できていませんでした。
運動ができていないだけでなく、デスクワーク故、また会社の事情から、
1日の歩数もかなり少ない状態でした。

今も運動はできていないのですが、日々の通勤だけで1万歩くらい歩きます。
これだけでもかなり違います。
通勤に時間がかかるのは難点ですが、意識しなくても歩けるのは二重丸です。

風を感じる

すっかり週末の更新になってしまいました。
気合をいれて続けていきます。

抗うつ薬飲んでいた時には分からなかったけれども、薬をやめてから感じたことの1つに
風を感じるようになったことがあります。
風が吹いている、吹いていないというよりも、ほんの数十cm、1mずれただけで風の流れ
が違う、ここは空気が動いているけれど、ここは澱んでいるといった感じです。

こういう感覚は、本来誰でも持っているものなのではないでしょうか。
それが常にストレスに晒されていると、だんだん鈍くならざるを得なくなり、
抗うつ薬を飲んでしまうと、鈍いを超えてストレスをストレスと思わなくなる。
怖いことです。

うつ病と診断される方は、繊細で感受性の高い方が多いです。
薬によってその繊細さを捨ててしまうのは、もったいないこと。
繊細さを生かせるような生き方を探すことで治っていくのだと思います。
(薬でごまかすことではなく)

睡眠

うつ病と診断される人が訴える症状として、眠れないことがあると思います。

私の場合、中途覚醒という夜中に目が覚めてしまうというものでした。

今でも朝まで目が覚めないということは珍しいのですが、睡眠の質は良くなっているので

あまり気になりません。

うつ病と闘っていた時、マイスリーという睡眠導入剤を処方されていたのですが、

眠ってはいたものの、眠ったという満足感は得られていませんでした。

薬では眠れるけれど、メラトニンはできていなかったでしょうから、

満足感は得られなかったのでしょうね。

一時的に薬の助けは借りるにしても、本質的な部分も改善しなければなりません。

うつ病になる人は、まず第一に栄養状態を改善することが必要だと思います。

栄養状態を改善することが、健康そしてアンチエイジングにつながっていくんですよね。

サプリメントによる栄養補給を5年間続けているアラフィフの私の体内年齢は、

タニタの体組成計によれば24~34才くらい。体は正直です。

うつ病の時って

記事を書くまでに少し間が空いてしまいました。すみません。

うつ病(という診断がああったので、こう書いておきます)から回復した今、

うつ病の時を振り返ってみます。

とにかくイライラしていて、怒りっぽかった。

何か言われると反発したくなる。

疲労感が強い。

私の場合、最初は疲労感が強く、睡眠障害があっただけでした。

抗うつ薬を飲んでから、怒りっぽくなっていったように思います。

今考えると、栄養不足による自律神経失調だったのではないかと思います。

とにかく神経に意図しない電気信号が乗っていて、ピリピリしている。

だから落ち着かない。不安感や焦燥感といった感じと同じなので、余裕がない。

だから、怒りやすかったりキレやすかったりするんでしょうね。

私の場合、回復してくる途中で、頭の中の痺れが取れたときがあったのですが、

全身にむず痒いような痛みを感じました。

それまでは頭の中が痺れていて気付かなかったのでしょうね。

この全身の痺れがあるから疲労感も強かったのかな、と思っています。

今うつ状態にある方はどうでしょう?

きっと今は分からないとは思いますが、ちょっと見方を変えてみるといいと思います。

何か違う。気づかないと変わらないと思います。

気づいてくださいね。応援しています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。